■ 会話広告「キャリトレ BOT」導入背景と概要
株式会社ビズリーチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する「キャリトレ」は、「キャリアをカチトレ」をメインメッセージとし、キャリアに前向きな20代の働き方の選択肢と可能性を広げるため、企業と求職者をつなげる転職サイトです。「キャリトレ」では、以前より顕在的なユーザーに対して有効なリスティング広告等の検索エンジン連動型広告を主体とした広告展開をしておりましたが、登録者数と登録後のアクティブユーザーを増加させるため、Facebook Messengerでのサービス利用促進を検討しておりました。今回、Facebook Messengerにより効率的なユーザー獲得と継続的な利用を促進するため、「キャリトレ BOT」のリリースを行いました。
今回のリリースにより、「キャリトレBOT」のFacebook広告をクリックしたユーザーのFacebook Messengerには「キャリトレ BOT」が登場します。ユーザーは、Facebook Messengerを通じてチャットで会話を楽しむような感覚でサービスの紹介を受け、「キャリトレ」への登録を行うことができます。ユーザーは登録後、人工知能により好みが分析・学習され、より希望条件にマッチングした求人を受ける事が可能なサービスとなっています。この取り組みを通じて登録のハードルを下げ、登録者数とアクティブユーザーの増加を図ります。

引用元URL:https://zeals.co.jp/news/bizreach_20190327/

トップページへ戻る

関連する記事