テクノロジーニュース

テクノロジーニュースに関する記事

顔画像から感情を読み取る表情推定AIを無料で提供開始~ディープラーニングが感情を数値化し、WebAPI出力~

株式会社ユーザーローカル(東京都港区、代表取締役社長:伊藤将雄、以下ユーザーローカル)は、ディープラーニングにより顔画像から感情を読み取る「ユーザーローカル 表情推定AI」(写真1)を無料で提供開始します。本AIは、人の表情を「喜び」「怒り」「悲しみ」「驚き」「無表情」の5感情をそれぞれ数値化でき、そのデータをWebAPIを使って他のシステムに組み込むことが可能です。

記事を読む

ドコモのデータを活用したアドネットワーク「docomo Ad Network」が位置情報データを用いた広告配信に対応~ターゲティングカテゴリにオフライン上の行動履歴情報が追加~

株式会社D2C(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋英行、以下D2C)は、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)のデータを活用したアドネットワーク「docomo Ad Network(ドコモアドネットワーク)」において、位置情報データを活用した新たな広告商品を2019年12月より提供開始いたします。

記事を読む

LINE、広告サービスにおける横断的データ活用によって最適な広告配信を実現する機能「クロスターゲティング」の提供を開始

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、LINEの法人向けサービスにおいて、データの相互利用による広告配信の最適化・効果最大化を追求し、ユーザーのライフタイムバリューを高めることを目的に、サービスを通じて取得したデータを横断的に広告配信へと活用することができる機能「クロスターゲティング」の提供を開始いたしますので、お知らせいたします。

記事を読む

【デジタル支援】コネクトム、生活者の店舗検索に対応する「toSTORE ローカル検索」機能を提供開始~店舗情報のワンソースマルチユース化とMEO対策を低コストかつ簡易に実現~

日本全国の企業のデジタルシフトをリードするオプトグループの株式会社コネクトム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久米田 晶亮、以下コネクトム)は、生活者の位置情報を活用した検索行動の変化に伴い、有店舗事業者のローカル検索に対する課題を解決する新機能「toSTORE ローカル検索」の提供を開始いたします。

記事を読む

北海道広域で観光客などの人の流れをIoTで可視化する実証を開始。札幌駅、新千歳空港、後志地方の小樽市などの3エリアにWi-Fiパケットセンサーを設置

当社は、小樽観光協会(会長:西條文雪)をはじめ北海道内の複数の観光協会や企業と共同で、北海道後志地方の小樽市、余市町、倶知安町、岩内町、ニセコ町、積丹町、神恵内村、および札幌駅周辺、新千歳空港内の3市6町村において、当社製Wi-Fiパケットセンサーを活用し観光客など人の流れを可視化・分析する実証実験を12月10日より開始します。

記事を読む

アクティブコア、MAセグメント配信に新機能を追加。セグメントごとに異なるレコメンドを配信

データ分析・レコメンド・マーケティングオートメーションで企業マーケティングを支援する株式会社アクティブコア(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 賢治、以下 アクティブコア)は、「activecore marketing cloud」において、メッセージ配信時に対象者に合わせて配信コンテンツを変化させる「MAセグメント配信」機能のさらなる強化と効果の最大化を実現するため、配信コンテンツに自動でレコメンドを入れ込む新たな機能を提供開始いたします。これにより、メッセージの一斉配信時に、一人ひとりに最適なレコメンド情報を自動でコンテンツ内に反映させ、メール・LINE・アプリにてメッセージを配信することが可能となります。

記事を読む

トランスコスモス、AIで“将来のLTV”を予測して新規顧客獲得を効率化するサービス「KAGARI」を自社開発・提供開始。継続的な優良顧客層を見極めることでLTV観点でのデジタル広告配信を強化

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、お客様企業が保有する顧客の購買データをもとに統計予測モデルをAIを用いて算出し、そこから顧客の“将来のLTV”を予測、生涯価値や貢献度の高い優良顧客をリスト化/分析して広告配信を行う、デジタル広告における新規顧客獲得に特化したサービス「KAGARI(カガリ)」を自社開発・提供開始しました。KAGARIを活用し、継続的な価値を見極め“将来のLTV”に焦点を当てたデジタル広告運用を行うことで、お客様企業のマーケティング戦略に応じた新規優良顧客の獲得を効率的にサポートします。

記事を読む

CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施 ~2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し、2023年には1,248億円と予測~

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI) は、株式会社デジタルインファクト(東京都文京区、代表取締役社長:野下 智之)と共同で、デジタルサイネージ広告市場(※1)に関する調査を実施しました。その結果、2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し(前年比113%)となり、2023年予測は、2019年比1.7倍の1,248億円となりました。

記事を読む

フラーとエム・データ、「TVCMの放映回数とモバイルアプリ利用に関する調査」を実施。TVCMの放映によるアプリ利用の変化には短期と中長期「2つの波」が存在。

アプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太・櫻井 裕基、以下「フラー」)は、テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供する株式会社エム・データ(本社:東京都港区、代表取締役:関根 俊哉、以下「エム・データ」)と共同で、モバイルアプリに関するTVCMの放映回数・時間とアプリ利用についての調査を実施しました。

記事を読む

ブレインパッド、「温泉旅DMP」をゆこゆこと構築し、データ活用マーケティングを高度化 -データ×ハガキDM施策ではCVRが2.3倍、「Rtoaster」をデータ基盤として活用-

株式会社ブレインパッドは、ゆこゆこホールディングス株式会社のデータを活用したマーケティング施策において、同社に導入済のレコメンドエンジン搭載プライベートDMP(*1)「Rtoaster(アールトースター)」のデータをさらに活用した「温泉旅DMP」を構築し、パーソナライズ施策を推進しました。その結果、ハガキによるDM施策のCVRが従来の2.3倍に向上し、ダイナミック広告(*2)の配信においてもCVRが約1.2倍となる改善に貢献したことを発表いたします。

記事を読む
249 件

テクノロジーニュースで人気のタグ